スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<福島刑務所>刑務官ら携帯で撮影…受刑者知人がブログ公開(毎日新聞)

 福島刑務所(福島市)の面会室で昨年7月下旬、男性受刑者と面会した知人男性が、カメラ付き携帯電話で受刑者と刑務官を撮影し、写真を自身のブログで公開していたことが分かった。携帯電話などはロッカーに預ける規則になっていたが、所持品検査はしていないため刑務所側は気付かなかったという。

 福島刑務所によると、知人は受刑者の後ろに座っていた男性刑務官が、会話の内容を記録するため机上に目を落としたすきに撮影したとみられる。刑務官はシャッター音に気付かなかったという。

 ブログでは受刑者の顔にはモザイクをかけたが、刑務官はそのまま公開された。同8月下旬、別の刑務官がインターネットで偶然写真を発見。知人の所在は現在、把握できていないという。

 福島刑務所は今回の事態を受け、面会者が荷物を預ける際は職員を立ち会わせる措置を取るとともに、男性刑務官を注意処分とした。木内久雄総務部長は「刑務所内の指導監督を徹底する」と話している。【金寿英】

【関連ニュース】
刑務官暴行訴訟:国も一部不服と名古屋高裁に控訴
刑務官暴行:「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及
高松刑務所:「在所証明書」を別の受刑者家族に誤送付
刑務官暴行:革手錠の違法性認め国に賠償命令…名古屋地裁
自立更生促進センター:反対署名4万人、見切り稼働 福島

石原知事「よく知らない。鳩山政権と同じならかなわん」 菅首相誕生に(産経新聞)
参院選後、新党間で合併も=たちあがれ日本・平沼氏(時事通信)
<海自>護衛艦「ゆうぎり」のトイレで隊員死亡(毎日新聞)
芸能人の戸籍謄本を探偵会社に、弁護士懲戒(読売新聞)
小規模福祉施設のスプリンクラー、7割超が未設置―消防庁(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

子ども手当 「上乗せ分は現物給付に」…菅副総理兼財務相(毎日新聞)

 菅直人副総理兼財務相は1日の閣議後会見で、子ども手当の来年度以降の満額支給について、「(現行額への)上乗せ部分に実物給付が盛り込まれることは、雇用という側面から見ると好ましい」と述べ、増額分の予算は保育園の整備など、現金給付以外に充てることが望ましいとの考えを示した。

 子ども手当について、民主党は昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)で11年度から2万6000円を支給(10年度は半額)するとしていた。だが、財源確保が困難なことから、民主党の参院選マニフェストの論議では、上乗せ部分の現物給付も含めた制度の修正が検討されている。【坂井隆之】

【関連ニュース】
子ども手当:自治体、準備に大わらわ…給食費滞納に返還も
子ども手当て:支給始まる…富山・朝日町は現金で
子ども手当:6月1日に支給開始 まず1道2県の7町村で
子ども手当:「満額」に異論噴出 黙り込んだ長妻厚労相
民主党:消費増税明記か見送りか…参院選公約、原案固まる

口蹄疫特措法が成立へ=政府の迅速対応を後押し(時事通信)
戻ってきた、二番底の恐怖(Business Media 誠)
アユ密漁容疑で書類送検 「稚魚がおいしい…」(産経新聞)
エレコム、キー間隔を空けることでタイプミスを減らしたフルキーボード
野村証券に510万ドル請求=「米巨額詐欺めぐり損失」―海運会社が提訴・東京地裁(時事通信)

<H2Aロケット>打ち上げ成功 衛星の開発者ら「感動の笑み」(毎日新聞)

 ◇KSAT、ハヤトと命名

 「言葉に出来ないほど感動した」--。鹿児島大(鹿児島市)や地元企業が開発した小型人工衛星「大気水蒸気観測衛星(KSAT)」を積み、種子島宇宙センター(南種子町)から21日に打ち上がったH2Aロケット17号機。打ち上げ約2時間後には、地上との交信に成功。開発した鹿児島人工衛星開発部会(部会長・西尾正則教授)は「これを契機に鹿児島に宇宙産業を根付かせたい」と更なる意欲を示した。【川島紘一、黒澤敬太郎】

 午前6時58分、機体はまばゆい光と「ゴー」というごう音と共に、白い軌跡を残して空高く昇った。射場から約3キロ離れた竹崎展望台で、KSATの関係者7人はしばらく無言で見つめていたが、徐々に笑顔に。無事に分離したというアナウンスを聞き、手をたたいて喜んだ。

 鹿児島大大学院修士2年、手嶋伸一さん(24)は「自分が携わったものが載っていると思うと、味わったことのない不思議な気持ちになった。寝不足で苦しかったことも、すべて吹き飛んだ」。衛星の設計を手掛けた精密機械メーカー「エルム」(南さつま市)の宮原照昌専務(57)は「県民の期待が大きくなるのを感じていたので、責任を果たして安堵(あんど)した」と口元を緩めた。

 射場がある鹿児島だが、人工衛星の製作は初めて。これまで開発部会のメンバーは「鹿児島で作り、鹿児島で打ち上げる『地産地消』」を合言葉に約5年間、試行錯誤を続けてきた。10センチ四方の超小型衛星だけに、緻密(ちみつ)な作業が求められた。

 精密金型メーカー「東郷」(鹿児島市)の東成生社長(52)は「薄く軽く、強度も持続しなければいけない。何回も試作して作り上げた」と労苦を振り返る。だが「今回の経験で、宇宙ビジネス参入も見えてきた」とも。宮原専務は「鹿児島は農業だけでなく、衛星を作る技術もあることを示せて誇りに思う」と話した。

 ◇KSATと交信確認 鹿大でも大きな拍手

 鹿児島市の鹿児島大郡元キャンパスでは、西尾教授が中継で打ち上げを見守った後、学生らと大学に設置した臨時管制室でKSATと最初の交信を試みた。予定時刻の午前8時半を過ぎても、電波は受信できず、室内は不安と緊張に包まれた。

 だが約10分後、衛星との交信機器の波形が大きく揺れた。「確認できました! やりました!」。曇った表情を満面の笑みに一変させた西尾教授の歓喜の声が響いた。その瞬間、会場は拍手で沸き返った。

 打ち上げ成功後、KSATの愛称が「ハヤト」と発表された。鹿児島の科学技術の飛躍を願い名付けられた。西尾教授は「今まであこがれだった宇宙が、参加するものになった。衛星と無関係の企業が連携して作れたのはすごいこと。今後、もっと多くの衛星を作り打ち上げたい」と喜んだ。

 西尾教授と一緒に、同大の学生や同大付属小の児童ら約300人が大型画面の前で打ち上げを見守った。全員でカウントダウン後、無事ロケットが打ち上がると、会場からは「おー」「すごーい」と歓声が上がった。同小3年左崇〓(さすうぎょく)さん(8)は「ドキドキした。すごい迫力。KSATには宇宙から地球を見守ってほしい」と話した。

臨場感あふれるお客様の生の声をホームページで紹介 ユーザーとともに広げるバリ取りの効率化・コスト削減
1歳の孫の首を絞めた疑い 殺人未遂の現行犯で48歳女を逮捕 東京(産経新聞)
<口蹄疫>感染疑いの種牛は大エースの「忠富士」 殺処分に(毎日新聞)
<愛知県医師連>各党から参院選出馬予定の3人 同列に推薦(毎日新聞)
スポーツ大好き藤本美貴が六本木でジョギング! 夫・庄司の小説もちゃっかり宣伝

「解決いつになったら」=全国の原告が記者会見-B型肝炎訴訟(時事通信)

 札幌地裁のB型肝炎訴訟で救済案を示さなかった国側の姿勢に対し、札幌をはじめ全国の地裁で係争中の原告が14日、各地で記者会見した。「いつになったら解決するのか」。政府に対し、一刻も早い具体的な進展につながる救済案の提示を望む訴えが相次いだ。
 北海道訴訟の原告清本太一さん(33)=札幌市=は「和解勧告後、原告2人が亡くなっている。さらに待たすということは、原告が亡くなるかもしれないということ。これが『命を守る』という政権のやることなのか」と涙ながらに語った。
 福岡地裁の九州訴訟でも和解勧告が出ており、17日に進行協議が開かれる。1年前に肝がんで余命3年と診断を受けた窪山寛さん(63)は「いつになったら解決できるのか」と憤った。先月には2回上京し、原告団として長妻昭厚生労働相との面会を求めたが実現しなかった。「2年しかない命と宣告されたつらさを政府に訴えたかった」と男泣きした。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

青野正「テツモジ」展(産経新聞)
再開初日は「順調」=もんじゅ、8日に臨界-福井(時事通信)
<残業代訴訟>添乗員派遣会社に支払い命令 東京地裁(毎日新聞)
死亡ひき逃げ容疑、81歳男逮捕…愛知・半田(読売新聞)
強盗に自転車投げた!乗って逃げられた(読売新聞)

JR西歴代3社長を強制起訴…福知山線事故(読売新聞)

 2005年4月25日に兵庫県尼崎市で起きたJR福知山線脱線事故で、検事役の指定弁護士4人は23日、井手正敬(まさたか)・元相談役(75)らJR西日本の歴代社長3人を業務上過失致死傷罪で神戸地裁に在宅起訴した。

 同罪の公訴時効(5年)が迫っており、指定弁護士の選任から1か月足らずでの起訴になった。改正検察審査会法に基づく「起訴議決」を経て指定弁護士が強制起訴するのは、20日の同県明石市の歩道橋事故に次いで全国2件目。

 他に起訴されたのは、南谷(なんや)昌二郎(68)(現JR西嘱託)、垣内剛(66)(同)の両元社長。神戸地検が昨年7月に在宅起訴した山崎正夫・前社長(66)を含め、JR西の社長経験者4人が刑事責任を問われる。

 神戸第1検察審査会による3月26日の起訴議決を受け、指定弁護士は同29日に3人が選ばれ、4月5日に1人追加された。これまで井手元相談役ら3人の事情聴取はしていないが、3人は神戸地検の調べに対し、「現場が危険とは知らなかった」と事故の予見可能性を否定している。

 同審査会は議決で、「3人は安全対策を実行すべき最高責任者。現場カーブの危険性を認識し、自動列車停止装置(ATS)の整備を部下に指示すべき義務を怠った」と指摘。「運転士の居眠りなどでブレーキ操作が適切にされないことを想定し、安全対策を取ることは、市民感覚として当然」と言及していた。

4人組の緊縛強盗、25万円奪う 大阪(産経新聞)
<国民生活センター>新理事長、存在意義を強調(毎日新聞)
「両さん像」大人気!写真撮るため終日行列(スポーツ報知)
YOSHIKA 名曲『let go』含むライブベストリリース決定!
「決してあきらめない」=八王子3人射殺は体制維持-時効撤廃受け警視庁捜査1課長(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。