スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超新星爆発後、巨大火の玉に=衛星「すざく」で発見-理研など(時事通信)

 太陽より10倍以上重い恒星が、寿命を終えて超新星爆発を起こした後、超高温の巨大な火の玉となった証拠が、ふたご座とわし座の方向にある残骸(ざんがい)で見つかった。理化学研究所と京都大、首都大学東京の研究チームが日米のX線天文衛星「すざく(朱雀)」などで観測した成果で、11日までに米天文学誌に発表した。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
「コボット」と記念撮影=野口さん組み立ての小型アーム
首相もうらやむ「宇宙人」=野口さん、官邸と交信

まつぼっくり
なすおやじ
ショッピング枠現金化
出会いランキング
クレジットカード現金化
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。