スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AED 救急車で作動せず 男性死亡 大阪(毎日新聞)

 大阪市消防局は20日、救急車のAED(自動体外式除細動器)が故障のために作動しないトラブルがあったと発表した。今月7日夜、心肺停止状態だった同市の男性(60)に対して使用したが、蘇生措置ができず、男性は搬送先の病院で死亡した。AED内部にあるトランジスタが何らかの原因で脱落し、胸部に取り付けるパッド部分に電流が流れなかったらしい。市は故障と死亡の因果関係は不明としている。

 故障したのは医療機器販売会社「日本光電工業」(東京都新宿区)の製品「TEC-2313」。医療従事者や救急救命士が扱う「半自動式」のAEDで、公共施設などに設置されている機種とは異なる。国内では地方自治体を中心に同じシリーズのものも含め884台を販売。同社は「同様の故障事例は把握していない」としており、製品の回収などは行わない。大阪市では他に22台の同機種を救急車に搭載しているが、異常はなかった。

 市消防局によると、故障したAEDは06年3月に購入。通常の耐用年数は6~7年で、今年2月に使用した際は正常に作動していた。トランジスタが脱落した原因については、同社が引き続き調査している。【小林慎、平川哲也】

【関連ニュース】
いざという時のために /岐阜
消防総監感謝状:八王子駅男性救護「講習経験役立った」 毎日新聞記者ら3人 /東京
県水難救済会:AEDや救命胴衣、救難所10カ所へ贈る /佐賀
赤バイ隊:GO 八幡浜地区消防、来月1日から運用 10人、2台を配備 /愛媛
「市民救命士」地震に備え /静岡

普天間移設 「一つの民意」反対集会に首相(毎日新聞)
小沢流「引き締めの儀式」 両親偲ぶ会に2500人(産経新聞)
無法「撮り鉄」撮られてた 大阪府警、人物特定へ JR関西線侵入(産経新聞)
<訃報>宍戸隆典さん94歳=元陸将(毎日新聞)
首相、自ら窮地に追い込む…「5月決着」明言(読売新聞)

「よく分からないけど」谷垣氏「つぶやき」総裁に(読売新聞)

 やっぱりつぶやきます――。自民党の谷垣総裁は、140字以内の短い「つぶやき」をインターネットで発信する「ツイッター」への書き込みを近く始める。

 党首クラスでは鳩山首相らがすでに利用している。

 谷垣氏は今年1月、首相がツイッターを始めた直後の記者会見で「つぶやきみたいなことを言うのは、あまり好きではない」と消極的な考えを示していた。

 しかし、15日夜、茂木敏充報道局長や菅原一秀遊説局長、世耕弘成報道局次長らと会食した際、世耕氏らからツイッターによる情報発信が夏の参院選に向けても有効で、トップ自ら取り組むべきだとの進言を受け、「私もやらないといかんな」と了承した。

 ただ、周囲にはツイッターの効果について「よく分からないんだけどなあ」と漏らしている。

舛添、東国原氏あす会談(時事通信)
日本の人口、2年連続減…本格的減少時代へ(読売新聞)
野生種との間で初のふ化=放鳥コウノトリ-兵庫・豊岡(時事通信)
INAXの中傷文書送付=ブローカー、容疑で逮捕-三重県警(時事通信)
エレコム、キー間隔を空けることでタイプミスを減らしたフルキーボード

平沼氏、参院選10議席目標=公約に消費税10%明記-園田氏(時事通信)

 10日旗揚げした新党「たちあがれ日本」の平沼赳夫代表は11日、NHK番組で夏の参院選の獲得議席目標について、「少なくとも10人は獲得しないと、民主党の単独過半数を阻止することはできない」と述べ、10議席以上を目指す考えを示した。
 候補者擁立については、「比例代表で10人以上」との方針を重ねて示すとともに、選挙区で改選数が3人以上の複数区を中心に「4、5人擁立していく」と述べた。
 一方、同党の園田博之衆院議員はフジテレビの番組で参院選に向けた具体的な公約を近く発表する考えを示した上で、消費税率について「段階的に上げていかないとならない。なるべく早い時期にあと5%はお願いしないといけない」と述べ、まずは10%までの引き上げを公約に明記する方針を示した。 

【関連ニュース】
新党10日に発足=平沼氏ら5人、「安心できる日本」掲げ
参院選公約、消費増税前面に=両院懇で意見
消費増税、景気には中立=目的税化で雇用創出も
鳩山首相、政治とカネ「説明尽くしてない」=予算案、参院委で審議入り
消費税めぐり賛否=衆院予算委公聴会

放鳥トキ 佐渡で産卵を確認 自然界では31年ぶり(毎日新聞)
JR福知山線事故、運転士遺族が労災申請(読売新聞)
キリスト教会また“消火器テロ” 関西でプロテスタントばかり(産経新聞)
舛添・東国原氏、15日にも会談…新党視野か(読売新聞)
山崎さん、物資搬送ほぼ終了=コンテナ収納へ-2度目の「目覚まし曲」(時事通信)

<日弁連>派遣法改正案の問題点指摘…参院議員会館で集会(毎日新聞)

 日本弁護士連合会(宇都宮健児会長)は7日、参院議員会館で「労働者派遣法『改正』案の問題点を正す緊急院内集会」を開き、改正案の問題点を指摘、修正を求めていく姿勢を表明した。改正案について(1)登録型派遣の例外として認められる専門26業務は、専門とは言えない業務もあり見直しが必要(2)常用雇用は期間の定めのない雇用であることを確認する(3)日常のトラブル解決に、派遣先にも労組との団体交渉応諾義務を課す--などと指摘した。

【関連ニュース】
足利事件:誤判原因調査機関の設置求める…宮崎日弁連会長
オウム:松本死刑囚の弁護士1人、処分を変更 日弁連
日弁連:「誤判」原因究明へ、第三者機関設置を提言
日弁連会長選:再投票で宇都宮氏当選
日弁連:会長選再投票は10日 都市対地方の構図で激戦に

0円携帯に苦情…頭金だけタダ・解約で高額請求(読売新聞)
ほど遠い「まごころ奉仕」経営 ペット死骸放棄に顧客、住民は動揺(産経新聞)
<小沢幹事長>5月訪米見送り…普天間の結論期で混乱を懸念(毎日新聞)
イケてる野良着でショー=島根県邑南町〔地域〕(時事通信)
健保組合、過去最悪の6600億円赤字に(医療介護CBニュース)

<傷害容疑>受験会場で隣席の受験生に暴行、少年逮捕 福岡(毎日新聞)

 福岡県警八幡西署は5日、高校入試の受験会場で隣席の受験生にけがをさせたとして北九州市八幡西区の無職の少年(16)を傷害容疑で逮捕した。「バカなことをした。短気過ぎた」と容疑を認めているという。

 容疑は先月24日午前10時40分ごろ、同市内の県立高校定時制2次募集の受験会場で、隣席だった当時中学生の男子生徒(15)を足でけったり殴るなどして全治5日間のけがをさせたとしている。

 調べでは、国語の試験終了後の休憩中、少年は男子生徒に「何見よるか」と言われて激高し殴りかかったという。教員らが仲裁に入ると、少年は男子生徒に靴を投げつけて会場から立ち去った。この騒ぎで、次の試験開始が約15分遅れたという。

 少年は中学を昨春卒業し、とび職などに従事。「学校に行きたい」と一念発起して受験したが、教室には戻らず不合格となった。一方、男子生徒は全3科目とも試験に臨み合格したという。【長谷川容子】

【関連ニュース】
受験と私:「受験は通過点。大事なのは次のステージでどう生きるか」笠原健治(ミクシィ社長)
受験の危機管理

やせ細る兵士 北朝鮮の現実 9日、都内で写真展(産経新聞)
<教科書検定>アイヌ文化のページ大幅増(毎日新聞)
無断で寄付者に「首相から今も謝罪ない」(読売新聞)
奇祭「強飯式」 日光市・輪王寺三仏堂(産経新聞)
4児死亡火災で現場検証=出火原因調べる-道警(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。